自分で水虫を治す方法とは

>

外側からだけでは効果が小さい

マッサージの方法を知ろう

足先が冷えていると、水虫になりやすくなります。
ずっと冷えている状態では、なかなか治りません。
マッサージをすることで、血行を良くして身体を温めることができます。
適度な力加減で、足のツボを押してください。
弱い力では意味がありませんし、力を入れすぎると痛みを感じます。
身体が温まったら、ちょうど良い力加減です。

足が冷えないように、靴下を履いたりすることもセルフケアに繋がります。
蒸れないように靴下を履かない人が見られますが、足先が冷えると治りが遅くなるのできちんと靴下を履いてください。
雑菌が繁殖しないよう、こまめに靴下を履き替えれば問題ありません。
お風呂に入っている時が、マッサージの最も良いタイミングです。

保湿効果がある食材とは

お肌に良い効果を与える食材を、たくさん食べることが水虫の治療になります。
レモンやキウイといったフルーツには、ビタミンCが含まれています。
ビタミンCはお肌を新しく作り出す効果を持っています。
摂取すれば、水虫の治りが早くなるでしょう。
ビタミンを意識して摂取してください。
またヨーグルトには、保湿する効果があると言われています。
アロエが入ったヨーグルトも多く販売されていて、アロエはさらにお肌に潤いを与えてくれます。

食材によって、含まれている成分が異なります。
水虫を治療するためには保湿成分が含まれていたり、美容に良い効果を発揮できたりする食材が必要です。
どの食材に、何の栄養が含まれているのか調べてください。


TOPへ戻る