自分で水虫を治す方法とは

>

セルフケア方法を知っておこう

ひまし油で保湿しよう

水虫になったら、ひまし油を試してください。
保湿効果を持っているので、水虫になって乾燥しているお肌に塗り込んでください。
お肌の乾燥を放っておくと、水虫が悪化します。
また皮膚が剥がれて、痛い思いをするかもしれません。
保湿をすることで、早く改善できます。
ですが、ひまし油でアレルギーを起こす可能性があります。

アレルギー反応を起こすと、炎症が広がります。
いきなり、大量のひまし油を使うことは控えましょう。
最初は少量だけ使って、問題が起こらなかったら適量のひまし油を使ってください。
焦って水虫を改善しようとすると、いきなり大量に使ってしまう人が見られます。
ですがアレルギーが起こった時に、自分では対応しきれなくなってしまいます。

効果を高めるために

ひまし油には、皮膚の炎症を抑える効果も期待できます。
水虫になっている部分は、炎症を起こしている可能性が高いです。
毎日ひまし油を塗ると、次第に炎症が収まっていくでしょう。
ですが靴下を毎日同じものを履き続けると、雑菌が繁殖するのでひまし油を塗っていても炎症を抑えることができません。
靴下は毎日取り変えてください

靴を履くことでも足が蒸れるので、水虫の悪化に繋がります。
靴を履かないことは無理でしょうから、脱げる時は脱ぐようにしてください。
会社のデスクの下では、コッソリ脱げるかもしれません。
脱げるタイミングを見極めて、なるべく足が蒸れないように心がけてください。
ずっと蒸れていると、ひまし油の効果が半減してしまいます。


TOPへ戻る